2021年度「相談通訳者」認定試験の実施について

多文化社会専門職機構(TaSSK)では、多文化社会の問題解決を通じて多文化共生社会の実現に貢献する専門職として多文化社会コーディネーター、相談通訳者の認定事業を行なっています。
2021年度の相談通訳者認定試験の実施日程等が下記のとおりに決まりましたので、お知らせします。なお、新型コロナ感染症拡大の状況によっては、試験の実施を延期する可能性があります。

■■ 2021年度 相談通訳者認定試験 ■■

目的
多文化社会の問題解決に貢献できる人々を専門職として輩出し、多文化共生社会の実現に貢献することを目的として「相談通訳者」の認定事業を実施します。

相談通訳者とは
コミュニティ通訳の活動分野である司法・行政・教育・医療の領域において、言語間の「橋渡し役」を務める専門職
(相談通訳者の紹介については専門職認定をご参照ください。)

試験内容
一次試験として書類審査、二次試験として筆記試験、実技試験および面接を実施し審査します。
 一次試験(書類審査)
 下記の応募書類に基づき実施します。
 二次試験(筆記試験、実技試験、面接)
 一次試験の合格者のみを対象に実施します。
なお、新型コロナ感染症拡大の状況によっては、試験の実施を延期する場合があります。

応募方法
応募要項をご確認の上、応募書類を事務局まで郵送ください。
1)経歴書
2)活動実績書
3)対象言語または日本語に関する資格試験の認定証等の写し
〈郵送先:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-3神田古書センター6F内〉

応募要項および応募書類
◎ 2021年度相談通訳者認定試験応募要項(PDF版
◎ 活動実績(Word版)(PDF版
◎ 経歴書 (Word版)(PDF版

応募期間
2021年11月22日(月)~2022年1月11日(火)

試験日程
2021年11月22日(月) 認定試験受験者募集開始
2022年1月11日(火) 応募締切(消印有効)
2022年2月上旬 一次試験結果通知 (メールにて通知)
2022年3月12日(土)午後、または13日(日)午前 二次試験筆記テスト実施(都内会場)
2022年3月13日(日) 二次試験 実技・面接試験実施(東京都または千葉県の会場)
 ※試験日、試験会場は一次合格者に通知します。
2022年3月下旬 認定合格者発表
2022年4月中 認定証交付

2021年11月22日 | Posted in お知らせ | タグ: , Comments Closed 

関連記事