【終了しました】第2回多文化社会実践研究フォーラム

2017年12月9日(土曜日)13時30分から、早稲田大学戸山キャンパスにて「第2回多文化社会実践研究フォーラム」を開催しました。
当日は日本の多文化社会の問題解決にかかわる実践者・研究者など100名以上の方にご参加いただき、活発な議論が交わされました。

ご参加いただきました皆様どうもありがとうございました。

【開会あいさつ:多文化社会専門職機構 代表理事 野山広(国立国語研究所)】

【全体会Ⅰ「分野横断的な受け入れと共生の可能性を探る」/招待講演:中川正春 氏(衆議院議員・元文部科学大臣)】

【全体会Ⅰ 鼎談:井上洋 氏(元日本経済団体連合会)、渡戸一郎 氏(明星大学)、野山広 氏(国立国語研究所)】

【分科会A「自治体・地域間の広域連携で多文化社会の諸課題の解決をめざす」】
【分科会B「技能実習制度における現状と課題」】

【分科会C「多文化社会におけるコミュニテイ通訳・相談通訳の役割】

【分科会D「難民の受け入れと共生に向けての現状と課題」】

【全体会Ⅱ:「多文化社会を支える連携・ネットワーク」】

【閉会あいさつ:多文化社会専門職機構 副代表理事 青山亨(東京外国語大学)】

【交流会】

2017年12月11日 | Posted in お知らせ, 活動報告 | | Comments Closed 

関連記事